Installation <世界盆栽大会>

4年毎に開催され、28年ぶりに日本で開催された世界盆栽大会において

会場内に日本庭園・茶室を作成するチームの一員として参加しました。

 

mosstoの担当は野点に掛ける「苔の掛け軸」でした。

会期が3日間と極めて短期であった為、普段は使用できない和紙や布など

を用いた表現を行いました。庭園のイメージの中に水の流れがあったので

掛け軸のデザインイメージも「流 (る)」としました。

 

一流の造園家集団による作庭であったので、信じられない程のクオリティーの

庭園が出来上がりました。各自がストックされていた樹形も素晴らしい樹木が

惜しげもなく使われています。海外からの入場客も多く会期中は賑わっていました。

 

庭の回りには障子塀を巡らし意図的に外との区切りをつけています。

これは「市中の山居」の効果を狙ったものです。当初の計画では、完全に周囲を

囲ってしまい入口を躙り口にし屈んで入り視線をあげた先に庭園と野点が飛び込んで

くるというコンセプトでした。しかし、動線等の懸念から入口出口は大きくとる

イメージになっています。

独特なカタチの「疾風垣(はやてがき)」。竹を40等分程に割り、組みなおして湾曲を

つくる手仕事です。

 

奥には土橋がかかっています。

 

 

 

関守石を置いていますが、意味を理解できずに中に入ってしまう方が

いる懸念があったので会期中は立入禁止の看板が立っていました。

 

Installation <世界盆栽大会> | mossto official