moss frame project

壁面苔緑化プロジェクトです。

屋外での壁面緑化は、先駆者でもあるパトリックブランの影響で日本の

商業施設などで多く見られるようになってきました。苔を使用した壁面緑化については

現時点では殆ど施工事例が無いと思います。理由としては大きく3点あります。

1点目は施工環境が直射日光が当たらない場所が好適である。2点目は水分の与え方。

3点目は苔の固定方法。水分の与え方と固定方法については技術的にクリアすることが

できるのですが、施工環境については如何ともし難い点です。

日向向きの苔を使用すれば良いと考えられますが、水分の与え方と固定方法で問題が起こり

長期間で見るとうまくいきません。

今回の現場は半地下になっており、直射日光が当たらず適度に明るく

苔壁面緑化にとって良い環境です。お施主様の要望は、相馬正和氏のアートパネルを

引き立てる様な装飾を行って欲しいとのことでした。

 

 

今回のプロジェクトで表現したいことを下記のメッセージでお施主様にお伝え

させて頂きました。

 

「苔は凡そ4億年前に、初めて陸上に進出した植物と言われています。

岩石の大地に苔が進出し、幾年月を重ね世代交代を繰り返しやがて土壌を形成しました。

焼物の素材となる土、土を形成してきた苔。苔から土へ繋がるフレームが

デザインコンセプトです」

 

フレームはコンクリート壁面に合う様、ステンレス(ヘアライン仕上げ)で

組ませてもらいました。既存のスポットライトは暖色であったので、

この時点で白色LEDに交換して頂きました。

 

施工から半年経過した状況は生育も良好で、定期的に軽度の

メンテナンスを実施させて頂く程度で済んでおります。

 

春先には胞子体を付ける苔や、最初に植栽していない苔などが

生えてきており1×3.5mのフレームの中で新たな生態系が出来上がって

きているのを感じます。良い意味でコントロールの外にあります。

 

 

 

moss frame project | mossto official