紡間 mawo-tumu 「Li -理-」

「紡間 mawo-tumu」のプロダクトラインナップ最初のリリースとなる

「Li -理-」です。慌ただしい暮らしの中に「間」を「紡」ぐことを

コンセプトとした「mawo-tumu」ですが、ゆっくりと変化していく苔の

成長をダイレクトに感じられるラインになります。イメージとしては変化

していく生きた”絵画”

どう変化していくのかは、苔にある程度任せる。そんな姿が美しいと思います。

 

「Li -理-」は「ことわり」とも読み、自然の在るがままの姿をデザインのモチーフ

としています。自然の中に於いて苔は単一種で存在することは少なく、数種が

混在し美しい景色を形成しています。

 

フレームの前面には、樹脂パネルを敷設しています。そうすることで、

クローズドな空間を作り森の中の環境を再現しています。内蔵LEDは

USBから電源を取るタイプになっています。壁掛け又は立て掛けで

飾ることができます。フレームの木材ラインナップは順次増やして

いく予定です。<ウォールナット・カバ桜・ポプラetc>

販売サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

紡間 mawo-tumu 「Li -理-」 | mossto official